株式会社 駒場工務店

和歌山県で住宅の新築、リフォームをお考えなら駒場工務店へ。

駒場工務店のこと

家づくりのこと

お客様の声

スタッフのこと

事業内容

会社案内

お問い合わせ

資料請求

イベント情報

家創りセミナー

新築施工例

 

リフォーム施工例

 

介護リフォーム施工例

 

過去の施工実績

 

社長ブログ

 

工務ブログ

 

己保ブログ

 

新井ブログ

 

タケウチブログ

 

キャンペーン情報

 

こまば通信

 

駒場工務店HPを
スマホでもチェック
↓↓↓

リンク集

HOME»  新築施工例»  感應寺耐震補強工事»  感應寺耐震補強工事①

現場ニュース

感應寺耐震補強工事

←←(平成27年10月~) 感應寺耐震補強工事  


 平成27年9月29日 

改良杭工事


昨日に引き続き、杭打ち工事です。

この庇のすき間を慎重に重機で杭を打っていきます。














 

 平成27年9月28日 

改良杭工事










地面に4mちかく穴を掘り、土とセメントミルクを混ぜて杭を作っています。





これから本堂の北・南・西面に杭を打っていきます。


 


 平成27年9月10日 






土の採取をしています。



 平成27年9月9日 








 

 平成27年9月8日 






 平成27年8月24日 

●土間養生

引き続き、土間養生作業です。



本堂の裏側に重機を入れるため、
通路の段差を埋め、木々を保護しながら道をつくっています。
















 平成27年8月20日 

●土間養生

昨日に引き続き、土間養生作業です。










本堂廻りの地盤耐力を上げる工事を施工するため、
大きな重機を進入させなければなりません。

境内にある床石や大木を傷付けない様に、
全面を厚いマットと敷き鉄板で覆います。

御参りに来られる皆さま 足元には十分お気をつけ下さいませ!






 平成27年8月19日 

●土間養生の鉄板搬入

 

土間養生の鉄板を搬入しました!













 

 平成27年8月6日 

●仮設現場事務所 備品設置

 

仮設現場事務所に備品が入りました!



大勢で会議もできます!



とてもきれいな事務所です。



 



 平成27年8月6日 

●仮設現場事務所設置

 

感應寺の工事始まりました。

私、現場を担当します、玉置です。

本日の作業は仮設現場事務所の設置です。









約一年の工期となります。

安全第一を心がけて頑張ります。

皆様宜しくお願い致します。

【工務 玉置】




 

 平成27年7月25日 

感應寺耐震補強工事 着工!!


感應寺耐震工事現場着工しました。









本堂に入っていくための通路を確保する工事をおこなっています。





快晴の空の下、暑い中、タキモト解体さん、ご苦労様です!

ありがとうございます



 

 平成27年7月15日(水) 

●植木の撤去













 平成27年7月3日(金) 


●感應寺耐震補強工事着工前説明会

本日午後より 感應寺様耐震補強工事 着手前の説明会がありました。



その前に、本堂におきまして総代さん役員さん、弊社の工事関係者に対し、
住職さんがお経を唱えて下さいました。


 

説明会は、各専門の技術者が各々の施工要領を説明し、
不明なことに対しての質問も飛び交い、
3時間があっという間に過ぎました!





ここまで準備に3年を越える時間をついやしましたが、
このお寺の400年近い歴史からすると一瞬のことです。

今から工期約1年、檀家の皆さま、近隣の皆さま、
安全第一で進めて参りますので、ご協力の程 宜しくお願い致しますm(__)m








 平成27年7月2日(木) 

さぁ いよいよ始まります!





玉置監督もワクワクしてます(^^)v

 

 

 

 ふりかえり・・・ 平成27年6月 

6月現況
 

 
 
   

 

 

   



 


 

 ふりかえり・・・ 平成27年4月16日 

ボーリングによる地耐力測定調査
 

  




 


 

 ふりかえり・・・ 平成27年2月3日 

耐震判定委員会への算定書を提出 事前の内容打合せ会
 





構造設計の田原先生に加わっていただき、

本格的な耐震設計作業へと・・・。





いい言葉だなぁ







 


 

 平成27年7月1日 

感應寺耐震補強工事が始まります!



日蓮宗 感應寺(開創1619年) 和歌山県和歌山市鷹匠町6-16

このお寺は、元和7年(1621)、日蓮宗の熱心な信者だった養珠夫人が、
息子頼宣の紀州入りの際、駿府にあった寺を移転したものです。
七面堂は頼宣の妻、瑶林院が武運長久を願って建てたもので、昔のままの姿をとどめています。
明治41年(1908)に本堂を再建したとき、日蓮宗の学校だった「矢坂檀林」の講堂を譲り受けました。
檀林で学んだ僧たちの魂の浄化が、見る人の魂をも清めるようです

(参考 : 日本ねっ島 名所・旧跡 http://www.piconet.co.jp/nippon-net/nippon.cgi/see/12039



【感應寺耐震補強工事】はいよいよこれからスタートするのですが、
じつは3年前に声をかけていただき、準備を進めてきました!

2012年(平成24年)6月29日。
社長のフェイスブックより・・・。





2012年(平成24年)7月12日には、
屋根裏の梁の構造をチェックしました。






2014年(平成26年)8月16日。










2014年9月6日には、
梶岡総代にご一緒していただき、「あかね材」の勉強会に。




そして、2015年7月。

いよいよ感應寺耐震補強工事、始まります!

 
←←(平成27年10月~) 感應寺耐震補強工事